sukiya-japan sukiya-japan1 sukiya-japan2 sukiya-japan3 sukiya-japan4 sukiya-japan5 sukiya-japan6 sukiya-japan7 sukiya-japan

大工技術の粋『茶室』

『茶室』は、鎌倉時代から始まり、今日まで綿々と続く日本文化を代表する建物です。日本では、亭主が客を招き、お茶を出してもてなすために造られた施設であるが、その空間構成の素晴らしさから、くつろぎの場として活用されています。ご自宅の庭に茶室があれば、いつでも、日本にしかない侘び寂びを体験することが出来ます。『茶室』の施工は、実績のある数寄屋大工によってのみ可能です。

京都で発展した『京町家』

『京町家』は、明治時代から昭和初期にかけて建造された京都特有の建物です。間口が狭く奥行きが長いため鰻の寝床とも言われています。出格子・通り庭・準棟纂冪・箱階段など、京都の伝統と文化が色濃く残っています。考え抜かれた間取りと意匠を活かし、最適のゲストハウスを建ててみませんか? 『京町家』の施工は、京都で大正時代から改修を続けている当社なら安心です。

日本の伝統建築『古民家』

『古民家』は、主に木と土と紙で作られた伝統的な建築物であり、いわゆる適材適所が施され、手入れさえ怠らなければ、2〜300年は持つように造られています。時代や地域によって多くの建築様式がありますが、いずれも日本人の美意識が凝縮されています。囲炉裏の煙で燻された柱・微妙な陰影をつける壁土・靴を脱いで過ごす畳などを貴方のご自宅でも再現してみましょう。


新着情報

(アラキ工務店 茶室建築関連)

アラキ工務店からのメッセージ
すみません、現場監督の米沢君が自由にブログを書いているので既に数寄屋に関する内容ではありません!

(アラキ工務店 京町家改修関連)

アラキ工務店からのメッセージ
すみません、現場監督の小野君が自由にブログを書いているので既に数寄屋に関する内容ではありません!
茶室 by アラキ工務店 京町家 by アラキ工務店 民家 by アラキ工務店 前栽 by アラキ工務店 用語 by アラキ工務店